YKさんより

おはようございます。

昨日は、こちらは雨が降り、肌寒い一日となりました。 

私は、受験生である娘(中3)と友人の三人で、高校生達が主体となるイベントを見にいきました。
そこでは、悪天候の中(軒先ではありましたが)それぞれの高校で自分達が育てた植物や、作ったクッキー、お弁当などをがんばって売り込むと言う高校生の姿が見られました。
私の娘は、自分の行きたい高校のブースに行きました。その高校には・・・

たまたま私のその友人の娘さんが通っていました。

そこで担当の先生に、私の友人が娘を紹介してくれて、娘と先生、在校生を交えて話しをすると言う機会に恵まれました。

家に帰ると、娘は「がんばってあの高校に入る」との決意をしたようです。

私は、久しぶりに会った友人に感謝すると同時に、人とのつながりに、改めて不思議な感覚を覚えました。

とても、娘にとって大きな一日だったと感じましたし、私にとっても友人の心遣いが嬉しかった一日でもありました。

そして…、前回のアートの後でシェアをするべきだったのだと、今日二つ目の作品を書いた後で、もう一度英介さんからのメールを読み直して、気付きました。
ごめんなさい。
シェアが遅くなりました。

そこで、一つ目の作品(?)を書いた後のシェアを今からします。
それは、たくさんの丸を書きました。いろんな色を使って、いろいろな形の…。
私には、それが子供達との関わっている瞬間の場面場面に思えました。
今は、そこまでのイメージです。

ちなみに、今日はいいお天気で、私は担当の子供がお休みとの事なので、私もお休みをいただきました。
(*^o^*)

たくさんの洗濯物を片付けながら、ゆっくり過ごそうと思っています。

では、また。
(^o^)/

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    556mgt (火曜日, 30 10月 2012 00:42)

    読みました。そして、違いを私は感じました。

    あなたの書いたメールの文章から。
    あなたの言葉選びの違いから。
    あなたの見方の違いを・・・です。


     そして、このメールから伝わってくる、「空気=(雰囲気)」が違います。


    いいですねぇ~。
     高校を選ぶときに、在校生や先生と事前にお話をできる機会があるなんて。
     私も、そんなふうにして、自分で所属先を選ぶことにします。
     学校や職場だけでなく、ご近所や地域もですね。
     私の娘の学校(幼稚園)も来春に変えようかと思って動き始めたところです。
     いまはまだ親の決定の影響を受ける年頃の娘です。(もうすぐ4歳)
     でも、理屈や説明を超えた「何か(=空気感)」はきっと娘に刷り込まれるでしょうね。

    今、引っ越し先を決める最終段階なのです。だから、我が家にとってもちょうどいいタイミングです。

  • #2

    556mgt (火曜日, 30 10月 2012 00:44)

    覚えていますか。「観察者のポジションから見ること」
    正確に理解しなくっていいんです。
    でも、まずは、自分がどんなふうに理解しているかにも氣を配ってください。

    その観察者のポジションから、自分の(UKさんからの)メールをもう一度読んでみましょう。
    まるで、他人事のように。
    外国に住む人からの手紙を読むように。
    自分がもう孫がいる年になって読むような感覚でもって、読むのもいいでしょう。

    そして、どんな反応が自分の心におきるのか? それを受取ります。

    では、洗濯物を片付ける合間にでも、やってみましょうか。

    それから、YKさんのシェアをみんなにシェアしたいです。
    了解をいただけたら嬉しいです。
    心からのシェアは、読み手の心のドアをノックする効果があるから!

    それでは、自分の心と体を休ませる「ゆったり、ゆたかで、ゆるゆるな」休日を!

    千葉英介